バラエティ豊かな職種は、まだ見ぬ自分を発掘できるかも。

写真:三寺さん写真:三寺さん

CGグループMITERA

2016年入社 4年目

全国放送の有名番組。初めてエンドロールに自分の名前流れた瞬間は忘れられない。

達成感を感じた仕事はありますか?

自分でデザインしたテロップが、実際にテレビでお茶の間に流れて、最後のエンドロールに自分の名前が載ったことが嬉しくて。「やったぜー!」ってなりました。(笑)

ちなみに番組名は?

オールザッツとか歌ネタ王とか。

お茶の間に三寺さんの名前が流れたってことだ。

はい。放送が終わった後に、家族や友人からも「オンエアみたよ、名前載ってたやん!」って言ってもらえて。

最近のエンドロールは流れるスピードがかなり早いんですけども、そこを見つけてくれたんですね。それは嬉しいかも。その達成感の裏には、やっぱりご苦労もあったでしょう?

それまでは、正直そうですね(苦笑) 色々な方向からのご意見で、作っちゃやり直しの繰り返しでしたね。「こっちは赤色や」「あっちは青色がいいって」結局何色がいいんだろうって……。じゃあ間とって紫で、みたいな(笑)

(笑)でもその経験は、次への糧になりますね。

カメラアシスタントのはずが突然の大抜擢!
エキストラとしてデビューしちゃいました。

失敗も含めて、心に残っているエピソードってあったりします?

そうですね……。自分が担当した番組は、全部心に残っていて。しんどかったけどやっぱり楽しかったなっていう。

へー!それは時間が経ったらそう思える、ということですか?

ええ、時間が経ったら(笑)。実際やってる時は、産みの苦しみで悩むんですけどね。
一番心に残っているのは研修期間中に行かせてもらったENG業務での出来事ですね。

新人の時だ。

再現VTRの撮影でカメラアシスタントとして付いていて、バッテリー交換とかしてたんですけど、後半あたりからエキストラが足りない!ってなりまして。

ええ。

「お前、ちょっとそこ出てみ」って急遽指名されて。セリフのない、ただ立ってるエキストラなんですけど、やらされて。……あ、やらせていただいて(笑)。

再現VTRデビューしたんだ(笑)

当時入社してまだ2ヶ月くらいだったんですが、右も左も分からないような時に、カメラの前に立つことになって。後日テレビで自分の姿が流れてるのを見て「うわ、自分が映ってる……」って(笑)

そんな何も分からない新人の時でも、先輩達は優しかった?

はい。優しかったですね。色々と。
もちろん指導なので厳しい時もあるんですが、まだ右も左もわからない状態だったのもあるかもしれませんが、そんなに無茶なことは言われなかったですね。

写真:三寺さん

映像業界のあれもこれも。多方面に広く深く学べる魅力。

関西東通のいいところ、悪いところについて教えてもらえますか?

そうですね、良いところはセクション(職種)がカメラ、VE、VTR、音声、CGといくつもあるので、自分のやりたいことがそこで見つかることですね。

なるほど。たとえば「この業界で働きたい」と漠然とした状態で入社したとして、研修で色々な業務を経験した上で、自分が興味があるところに配属といったことも?

ええ、そういった希望が通りやすい傾向はありますね。映像業界のことを広く深く学ぶことができることが一番の長所かなって思います。あとはやっぱり、いろんな番組に携われるところも。

色々な放送局にいけますもんね。

MBS行ったり、ABC行ったり、関西テレビや讀賣テレビに行ったり。例えば、いち視聴者として朝見ていた番組、その作り手側に回って「この現場に実際にいるんだ」って各局で味わえるんです。ものすごく良いところで面白いところだと思います。

では逆に、関西東通の短所について教えてくれますか?

……めっちゃ考えたんですけど「関西東通」ってパソコンで打って一発で変換で出ないところとか(笑)

発想がCGっぽい(笑)たしかに。

静かにひとりで没頭する時間を大切にしています。

何している時が楽しいですか?

そうですね、プライベートのことなんですけども、休みの日に最近絵を書いていまして。アナログなんですけど、色鉛筆で紙にさーっと描いて。

へー!例えば何を描くんですか?

風景とか、あひるとか。

写真:三寺さんによるあひるの絵

天気が良い日とかに、外に出て?

ええ。神社とかにいって、蚊にかまれながら何時間も絵を描いてます(笑)ひとりで静かな場所で過ごすのが好きなので、いいリフレッシュになってます。

デザインもオペレートも極めたい……!
向上したい気持ちが勝って、身体が足りない感覚。

三寺さんは現在入社して4年目ですが、今後どんな風になりたい、といった目標はありますか?

以前、関西東通創業50周年のロゴ制作を担当したんですが、CGのモデリングの参考書を見ながら作ったので、今後はそういったものを見なくても自分の力で自由に作れるようになりたいですね。デザイン面でのスキルアップができたらなと思ってます。あとはオペレートも今後は少しづつやっていけたらなと。

制作担当した関西東通創業50thロゴ

三寺さんはオペレートに関しても、積極的に勉強しているのですか?

そうですね、デザインも大切なんですけども、うちの会社は全部できたほうが良いので。

なるほど。デザインとオペレートを極める二刀流の三寺さん、期待しています。

「やりたいことが見つからない」人こそ、
ここなら自分の特性が見つかるかもしれない。

関西東通に興味を持ってくれてる方になにかメッセージを。

長所でも話したとおり、セクション(職種)が多いので、もしやりたいことが見つからないなと悩んでる方でも、うちに来たら見つかるかもしれません。
例えば、とりあえずカメラにちょっと興味があったら飛び込んでみて、ちょっと違うなと思ったら、VE……あ、もちろんCGもあるんで(笑)

ちなみに、三寺さんがもともと希望していた職種って何だったんですか?

僕はもともとは音声を志望していてこの会社を選びました。いざ研修の段階になって初めて「CGってセクションもあるんだ」ってそこで知って。学生時代に動画作ったり編集してたりしてたので、その経験が何か活かせるんじゃないかな?と思って、CGを希望したんです。

じゃあ希望が通ったんですね。

そうなんです。他のこともやってみたかったけれど、まずは自分の得意なことを先に伸ばしてから、他のことを挑戦するのもいいかなって。

なるほど。うちの場合、他のフィールドに挑戦できるチャンスは巡ってきますもんね。

CREATOR'S VOICE
一覧へもどる